Skip to content

豊島区について

豊島区は、新しくなった庁舎から国際アート・カルチャー都市をめざして情報を発信しています。

池袋駅を中心に埼玉県、東京都北西部、北東部の広いエリアの副都心という特徴があり、主な商業施設として、西武百貨店池袋本店、東武百貨店池袋本店、メトロポリタンプラザ、池袋パルコなどがあります。サンシャインシティ にはナムコ・ナンジャタウンやサンシャイン水族館がありカップルや家族連れでにぎわっています。

そんな池袋の賃貸マンションは人気が高く、空きが出るとすぐに埋まる状態でなかなかお部屋を借りるのも一苦労なようです。そんなかでもルームコアさんと言うサイトではなかなか通して掘り出し物の物件を多数揃えているので大変オススメです。

また文教地区という側面もあり、学習院大学、立教大学、東京音楽大学、帝京平成大学、大正大学などがあり、学生たちの活気が感じられるエリアでもあります。一方、「おばあちゃんの原宿」として知られる巣鴨があるなど、同じエリアでありながら個性的な顔を持った街です。

文教地区ということで池袋の周りには苦学生でも借りられるような家賃でお部屋が提供されているようです。そんな学生であればやはりお部屋を借りるときは少しでもお安く借りたいと思うのでは無いでしょうか。さてではお部屋を借りる際に少しでも安くするにはどうすればいいのでしょうか。

最近では家賃が1ヶ月だけ家賃がかからないフリーレントというものも流行っております。また一番オトクなのが仲介手数料を無料にすること。最近では探してみると都心部では結構仲介手数料が無料、あるいは半額と歌っている不動産会社のホームページや街の看板などを見つけることができます。

池袋ので仲介手数料無料ならこちらのサイトなどはいかがでしょうか。都内に3店舗有り物件数も方にあつ合っているようです。仲介手数料が無料となっていても取り合え使っている物件が少なければ選択肢も少なく結局はお得にならない可能性が有りますので。

人に優しい地域

私の住むマンションは、都内にあるのですが、大家さんをはじめ住人の皆様がとても親切で温かい気持ちの方ばかりです。

越してきた時は、私はまだ妊婦で、周りの方(特に、お隣さんと大家さん)には、気にかけて頂いて、会う度に笑顔で挨拶して頂いて、引越し前の不安が消えていきました。

今、主人と生後5ヵ月の子どもと私と言う家族構成なのですが、出産後には、夜泣きの子どもの泣き声さえも、赤ちゃんだから泣くのが仕事!と言ってくださり、私も安心したのを覚えています。

大家さんからは、子どもに出産祝いを頂き、クリスマスには、クリスマスプレゼントや庭で栽培しているミカンや果物と、色々な物を頂いたりします。

今の時代、色々な事件などもありますし、あまりご近所やお隣さんとの関わりを持たない方が殆どかもしれませんが…私は、池袋のこちらの賃貸マンションに住んで、改めて人付き合いや、人の温かさを大切にしたいなぁと思いました。

おしゃれな中庭のあるマンション

中庭のある錦糸町の賃貸物件にに住んでいました。

デザイナーズマンションでヨーロッパのお庭みたいな中庭があり、それを気に入ってその部屋に入居することを決めました。打ちっ放しがおしゃれで、部屋自体もとても広いので気に入って、妹と一緒に住んでいました。

この中庭はベンチとテーブルも置いてあるのでそこでお茶をしたり談笑することもできます。春夏秋の晴れた日には本当に気持ちよく過ごすことができました。読書をするにもうってつけの場所でした。

友人が遊びに来た時も、まずこの中庭を見てみんなが「いいなぁー!おしゃれだなー!」と言ってくれるのでとても気分がよかったです。

マンションは部屋ももちろん大切ですが、公共施設に理想的なものがあるととてもテンションが上がるなと思いました。

マンションの地震などの災害に対する強度

私はアパートなどいくつかの建物に住んだことがあります。そこで思うのは、マンション、特にクレール白金台の耐震性はやはり安心感があるというところです。

もちろん、手抜き工事のマンションとかそう言ったことは外しての話しですが、一般的にやはり大きな地震をいくつかの建物で体験するとマンションでの安心感は大きいところです。

木造アパートで大きな地震に遭った時は、「倒壊するのでは」と心配になったことがあります、普段でも時折構造がみしみし言うのも気になるところです。その点マンションはどっしりとしているというか揺れに強く造られている感じがあります。

台風などの災害時でも、その強風大雨に耐えれそうなのはやはりマンションだと感じます。雨、風、揺れなどの災害に強いのはやはりマンションだと思います。